ピラビタール

息をこらえて 目を閉じて 夜のふちへ

生命倫理と反出生主義

 2016年5月17日に、「生殖を禁止しましょう」という記事を書きました。この記事で私は、以下のような論理から、人類が生殖を控えるべきことを主張しました。

 

生殖・出産は親の利己的行為である。生まれたいかどうかという子供の自由意志を無視しているからだ。人間は生死と誕生を含む全ての活動に自由に主体的に自律的に関わるべきである。この世に生まれ出づるかどうかという、人生で一番大事な決断を他人が下すなんて言語道断ではないか。生まれるかどうかは、当事者であるところの、これから生まれる子供が決めるべき決断である。つまり、受精前の段階で、子供に、この世に生まれ落ちたいかどうか、その意志を確認しなければならない。そしてそのような対話をすることが現実できない以上、導かれる論理的な帰結としては、「生殖をしてはならない」ということになる。他者の自己決定を尊重するならば、私たちは生殖を控えなければならない。

 

 ……馬鹿げた主張かもしれませんね。不可能なことを要求する不毛な議論かもしれません。このような主張を真面目に受け取るかどうかが、大人として成熟しているかどうかの分かれ目になるのかもしれません。ですが、議論の有意義性は置いておいて、論理的な瑕疵は特に見当たらない気がします。

 何年か前から倫理学というものに興味を持ち始め、生命倫理の勉強をするうちに、疑問に思うようになりました。どんな教科書を開いても、子供をつくること、生殖の是非、我々人類が続いていくことの可否について論じたものがないことに。*1

 生殖補助医療や出生前診断、人工妊娠中絶、臓器移植と脳死の問題、終末期医療などなど、我々の生きる現代に生命倫理学のテーマは事欠きません。にもかかわらず、子供を「ただ産むこと」そのものは問題視されないことが不思議でならなかったのですよね。生命を特殊な手段でつくることは問題になるのに、生命を夫婦の自然な行為でただつくることは問題にならない。障害のある子が生まれる可能性がある場合、生殖は重いテーマになるのに、障害のない健康優良児が生まれるであろう場合、生殖はテーマとならない。終末期の生き方や治療方針の選択において、自己決定は重視されるのに、誕生の場面においては自己決定は重視されない。そうした事態が不思議でならなかったのです。

 おそらく、生まれる前に、生まれたいか生まれたくないかを問われたことのある者はどこにもいないでしょう。同意の上でこの世界に産み落とされた者は過去一人たりともいなかったと思われます。他者の自己決定を人類が最初から尊重していたら、人類は最初の一世代で途絶えたでしょう(もちろん、「最初の一世代」などというのは比喩に過ぎず、人類の最初の一世代目と、人類に進化する一つ前の種の最後の一世代との間に線引きをすることなど進化生物学的に不可能です)。これもくだらぬ比喩ですが、生殖が許されるのは「神と動物だけ」であると思っています。

 もし私の論理が広く受けれられれば、人類は緩やかに衰退し、やがて消滅することになります*2。(人類の自己消去は、論理的には、今生きている私たちの決断と、今妊娠している女性が産む子の決断により、二世代で可能です)。苗野さんが以上の主張を本気で実現すべきと唱えているのか、それほど本気ではない机上の考察なのか、そのあたりは読む方の解釈に委ねるものとしてぼかしておきます。

 そんなわけで、産むことの是非、生殖の是非に関する疑問を去年の5月に「生殖を禁止しましょう」という記事にしたのですが、その後に「反出生主義」(アンチ・ナタリズム anti-natalism)という思想があることを知りました。それは「人間は生まれてくるよりも、生まれてこない方がよかった」というペシミズムの思想です。中でも近年特に脚光を浴びているのが「生まれてこなければよかった」という命題に分析哲学の手法から綿密に考察を加えた南アフリカの哲学者デイヴィッド・ベネターです。ベネターも子供を産んではならないこと、地球上の最適な人口はゼロ人であること、したがって人類は緩やかに絶滅すべきことを説くのですが、その根拠は私のそれとはまったく違うものでした。根拠が違うわけですから、私の理想とする世界とは重大なところで相違点もあり、対立するところもあります。

 ベネターがどのような根拠からそのように説くのか、主流の反出生主義*3の思想がどのようなもので、私の考える反出生主義とはどのように異なるのか、後日、私なりにまとめてみたいと思います。

*1:教科書ではないのですが、古牧徳生、他『神と生命倫理晃洋書房で、以下で紹介するデイヴィッド・ベネターの「反出生主義」が考察されています。次田憲和(2016)「われわれは「存在」しなかった方が善いのか?――「反出生主義」の形而上学的分析」

*2:予備校に通っていた頃、小論文の先生に真面目にこの話をしたら、「君の言うようにしたら人類絶滅しちゃうじゃん」と驚かれました。しかし、「人類絶滅しちゃうじゃん」と返すからには「人類がなぜ絶滅してはならないのか」その理由を説明しければならないはずと思います。

*3:主流の、というのは私の反出生主義(私の考え方を「反出生主義」と呼んでよいのならば)を非主流のものとした上での分類です。

再開します

苗野です。お久しぶりです。

 

 前回の記事を書いてから、まったく更新しないまま、1年2ヶ月という月日が過ぎてしまいました。なぜ更新をサボっていたかといいますと、単にその気になれなかったからですね。まとまった文章を外部に発信する気力が起きなかったからだと思います。twitterはサボることなくほぼ毎日、一生懸命真面目にやっていましたので、何も発信していなかったわけではないのですけど。

  ええと、去年(2016年)の4月に獣医学部に入学したので、苗野さんは現在(2017年9月)獣医学部2年生ということになります。平日はひたすら自宅と大学とを往復し、交友関係は少なく、サークルには名前だけ登録して顔を出さず、休日はゴロゴロしたり出掛けたり、試験前は人並みに焦り……と言葉にするととてもつまらぬ大学生活を送っています。

 私は特に趣味もなく、幼少期から続けているような習い事もありません。ゲームもやらないですし、料理もたいしたものはできず、お酒もあまり飲めないですし、ギャンブルも鉄道もアイドルも知りませんし、プラモデルにもフィギュアにも興味ありません。(漫画を細々と読んで、ドラマや映画をたまに観るくらいですが、漫画や映画なんて趣味とは言えないよねと思っている人です)

 そんな私が楽しいと思える日々の営みは、学ぶことくらいです。広く浅く、色んな勉強をして、新しい知識を吸収しています。それだけはとても楽しく思えます。最後の記事を更新してから1年2ヶ月、色んなことを学びました。そして、大変月並みなことを言いますと、学べば学ぶほど、自分の無知さ加減を痛感します。たくさんのことを学んだつもりではあるのですが、それでも私の知識など、世の中の膨大な知の総量に比べると、ほとんど無に等しいと言えるのかもしれません。まだまだ知らないことがたくさんあり、新しいことを学ぶことができるというのはうれしいことですね。同時に、人生はとても短く、生涯に学ぶことができる量などたかが知れているというのはさみしいことでもありますね。

 

 長い空白期間がありましたが、本日よりブログ「ピラビタール」を再開致します。獣医学生が日々の勉強の記録を綴るブログというのも、きっと誰かにとって価値があることだろうと信じて。あるいは価値がなくても、自分のために。どうぞよろしくお願い致します。

新しいことを始めたい

 7月になりましたね。2016年も残り半年です。

 せっかくブログを始めたのだから、これからはもっとこまめに更新していこうと思います。文章を書く練習もしたいですし、記録しないともったいないような貴重な体験が日々ありますので。

 

 先月も色々な出来事があったのですが、そのうちの一つを綴ろうと思います。

 

 何か新しいことを始めようと思い、以前から気になっていた合気道の見学に行きました。合気道は動きが大変華麗であること、また力の弱い人に最適な護身術である(らしい)ことから、ずっと憧れていたのでした。

 何度か見学に行き、また体験もさせて頂きました。指導して下さった方々は大変親切で、懇切丁寧に教えて下さいました。さて、正式に入会をしようと入会届を出したところ、左手首につけているサポーターについて問われました。

 私はかつて*1自傷癖があり、左腕は傷跡だらけです。はっきり言って非常に気持ち悪いです。普段は長袖を着ていますし、長袖を着られない場面では、アクセサリーをつけてカモフラージュしたり、リストバンドをつけて隠したりしています。合気道の道着は袖が短く手首が丸出しになってしまうため、100円ショップで売っているようなサポーターをつけて練習していました。そのサポーターについて問われたわけです。

 怪我などではないので安心してほしいと伝えたのですが、競技の性質上余計なものをつけていたら事故につながる、怪我でないなら外してほしい、ということでした。体験練習の際は問われなかったのですが、いざ正式入会となると、これは向こうも譲れない条件だったようです。

 そういうわけで、色々と面倒だし道場に来ている人たちを驚かせるのもかわいそうだなと思って、合気道を始めることは断念したのでした。残念。

 

 さて、何か新しいことを始めなければ。

 何を始めたらよいのでしょう……

*1:「かつて」と書きましたが、やめることができたのかどうかは正直わかりません。とりあえず半年ほどしていません。

死なないやつら

苗野さん、獣医学部なんて全国に少ないのだから、あんまり個人を特定できるような情報を公開しない方がいいんじゃないですか、と心配して頂きました。確かに獣医学を学べる大学は全国に16しかなく、そのうち「獣医学部」という名称の学部が設置されている大学はさらに少ないですね(私は農学部獣医学科だろうと生物科学部獣医学課程だろうと、めんどうなので全部ひっくるめて「獣医学部」と呼んでいます)。

でもたぶん個人を特定される恐れはないと思います。周囲には私が再受験生であること言ってませんし、自慢じゃないですけど、やっぱり自慢ですけど、童顔で若く見られるので皆さんより年食ってることは学生証や免許証を見られない限りバレません。学生証は絶対に見られないように厳重管理しています。万一見られてしまったら、その人には刺客を差し向けます。生かしてはおきません。

 

死なないやつら (ブルーバックス)

死なないやつら (ブルーバックス)

 

 

タイトルから察するにいわゆる「極限生物」を紹介する本だろうと思って読んでみました。ですが全5章のうち、極限生物の紹介にあてられているのは第2章だけです。全体を通して「生命とは何か」「生きているとはどういうことか」「生命はどのように発生したのか」といった問題を探究する生物学啓蒙書のようです。筆者としては、すさまじい環境で生活する驚異の極限生物について考えることで、これらの疑問の答えに近付こうと試みたようなのですが、その試みが成功したのかどうか、初学者の私にはイマイチわかりませんでした。

極限生物として有名なのはクマムシですよね。クマムシは脱水して「樽」と呼ばれる乾燥状態になると、代謝が止まり、活動を停止します。この状態になると151℃の高温や0.075ケルビンという低温状態に晒されても死にません。ですが上には上がいます。クマムシよりはるかに驚異的な極限生物が実はたくさんいるのです。バクテリア(細菌)やアーキア古細菌)です。クマムシの場合「樽」と呼ばれる仮死状態になって極限環境に耐えるのに対し、これらの微生物がすごいのはそうした極限環境でもいきいきと活動しているところです。

・122℃の熱水中でも増殖するアーキア「メタノピュルス・カンドレリ」

・16000気圧でも生きる「シュワネラ・オネイデンシス」

・20000気圧にも適応したふつうの「大腸菌

・真水から塩分濃度30%の飽和食塩水まで生きられる広範囲好塩菌「ハロモナス」

・1440グレイの放射線量まで耐えられる「デイノコッカス・ラジオデュランス」

(人間の耐えられる上限値は10グレイ)

・40万Gの重力下でも細胞分裂し、増殖した大腸菌と「パラコッカス・デニトリフィカンス」

など…。面白いのは、これらの能力が明らかに「過剰」である点です。例えば地球上で1440グレイもの強烈な放射線が出ている場所はありませんし、40万Gもの重力が自然界に存在しないのは言うまでもありません。彼らの能力は、地球上で生きていく上で、まったく必要のないものです。

こうしたすさまじい極限生物の紹介を通して、生命の本質に迫るのかな、と思いながら読み進めていきましたが、そうでもありませんでした。生命の本質に迫る章はあったのですけど、それと「極限生物」はあまり関係ないような気がして、全体の中で第2章が浮いているように思えました。それは単に私が勉強不足のためなのかもしれません。

それなりに面白かったです。ブルーバックスの啓蒙書ですし気軽に読めますので、生物に興味のある方にはおすすめです。

天安門

今日は1989年の天安門事件から27年目です。ということで、カーマ・ヒントンとリチャード・ゴードンの『天安門』を観ました。天安門事件の推移を再検証した壮大なドキュメンタリーです。あの悲劇を、運動勢力を手放しに賞賛することはせず、政府側を糾弾するためのプロパガンダとしてでもなく、運動がなぜ失敗したのか、冷静にその問題点を浮き彫りにしていきます。

 

天安門 [DVD]

天安門 [DVD]

 

 

天安門事件と聞くと、民主化を要求した学生や労働者ら運動勢力を善とし、弾圧した政府の側を悪とする単純な構図をイメージする人が多いかもしれません。もちろん武力による弾圧は糾弾すべき蛮行と言えますが、それだけではあの事件の分析にはなりません。


ドキュメンタリーが焦点を当てるのは、民主化運動を挫折に追い込んだ重要な要因である、運動勢力の側の未成熟です。運動は党内部や労働者、都市住民のなかにも支持層を拡大していましたが、その中核的な勢力は学生と知識人でした。しかも知識人は運動の主導権を握られず、中心となった学生はいくつかの派閥に分かれ、内部で権力闘争に明け暮れる始末でした。

あのとき中国共産党趙紫陽を中心とする改革派と李鵬を中心とする保守派に分裂していましたが、運動側もまた一つにはまとまってはいなかったわけです。運動勢力の総司令官を自任する当時23歳の柴玲は、王丹ら穏健派の主張する広場からの撤退に断固反対し、撤退は保守派を喜ばせる行為であり、裏切りであると主張して、「引き際」を失いました。また彼らは、党内の改革派勢力からの連帯の働きかけも拒否し、李鵬との対談も早々と打ち切ることで自らを追い込んでいきました。

学生らには交渉に必要な「譲歩」を受け入れる能力もなければ、労働者や都市住民をも取り込んで勢力を一個に結集させられる指導者もいませんでした。共産党に代替できるような組織もなく、まして共産党独裁を転覆した後の具体的なビジョンなど何も想定されていなかったのです。趙紫陽の立場を考えると、一方で共産党独裁体制の死守を決意する党内守旧派を説得せねばならず、他方では構造的改革を求める急進派や現体制を完全否定する反体制派を満足させねばならず、両者に“挟み撃ち”されて身動きの取れない状態にあったことでしょう。

運動勢力の未成熟は、民主化運動にとって致命的でした。学生らは大衆の影に隠れて自分の発言に責任を持たず、過激なことを叫びました。決して運動の価値を不当に低く評価するつもりではありませんが、けだしそこに個人はおらず、公との連結を重んじる意識も見られなかったのではないでしょうか。党指導者が天安門広場に見たものは、かつて「愛国無罪」「造反有理」を叫び権威に挑戦した紅衛兵と重なる光景だったのかも知れません。