ピラビタール

息をこらえて 目を閉じて 夜のふちへ

植物の命はいいのか? その3

 「植物の命はいいのか? その2」の続き。

5と6を扱います。

  1. 藁人形論法
  2. 生命は神聖なものではない
  3. 生命の神聖性の人間中心主義
  4. 生命の2つの役割
  5. 経験的生を欠く存在の固有の価値
  6. 生命中心主義

 

続きを読む

植物の命はいいのか? その2

 植物の命はいいのか? その1」の続き。

3と4を扱います。 

  1. 藁人形論法
  2. 生命は神聖なものではない
  3. 生命の神聖性の人間中心主義
  4. 生命の2つの役割
  5. 経験的生を欠く存在の固有の価値
  6. 生命中心主義

 

続きを読む

植物の命はいいのか? その1

ベジタリアンヴィーガンに対して頻繁に寄せられる問い、または反論の一つがプランツゾウとも呼ばれる「植物の命はいいの?」です。この問いについては既に『講座 あにまるえしっくす』第2回で扱っています(次回でも少し触れる予定です)ので、敢えて記事にする必要はないと考えてましたが、やはり整理しておこうと思い直しました。この問いにはいい加減うんざりしている方も多いとは思いますが、私としては倫理学の多方面に思考の幅を広げるきっかけともなりました。この記事が誰かの参考になれば幸いです。

 

続きを読む

説得力と魅力とのバランス

質問箱に届けられていた質問に答えたいと思います。最初の質問は8月27日に届いていました。3ヶ月も経過していたのですね。大変長い間お待たせしてしまい、すみませんでした。昨日のシンガーの「飢えと豊かさと道徳」の紹介と自身の見解の表明で、質問者さまの疑問に対してある程度は回答できたとは思うのですが、一応、改めて回答を作りました。正直、納得して頂けるかどうかあまり自信はないですが……。

 

まずはブログの読者さんが何の話かわかるように、質問のリンクを。めっちゃ長いです。

8月27日に届いた質問11月30日に届いた質問

 

続きを読む

飢えと豊かさと道徳

 一昨日、映画を観てきました。話題になっている『ボヘミアン・ラプソディ』です。泣きました。私はQUEENというバンドのことはよくわからないのですが、兄が大好きでよく流していたので、知っている曲が多かったです。

 

 で、私は映画を観てきたわけですが、それに関連する質問がだいぶ前、8月下旬に質問箱に届いていました。その質問に対しては今回の記事ではなく次回の記事で答えたいと思うのですが(本当にお待たせしてすみません)、その布石というか準備として、質問者さまの質問に関連するであろう、ピーター・シンガーの論文についてまとめてみました。

飢えと豊かさと道徳

飢えと豊かさと道徳

 

 

続きを読む