読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ピラビタール

息をこらえて 目を閉じて 夜のふちへ

新しいことを始めたい

なえのの日常

 7月になりましたね。2016年も残り半年です。

 せっかくブログを始めたのだから、これからはもっとこまめに更新していこうと思います。文章を書く練習もしたいですし、記録しないともったいないような貴重な体験が日々ありますので。

 

 先月も色々な出来事があったのですが、そのうちの一つを綴ろうと思います。

 

 何か新しいことを始めようと思い、以前から気になっていた合気道の見学に行きました。合気道は動きが大変華麗であること、また力の弱い人に最適な護身術である(らしい)ことから、ずっと憧れていたのでした。

 何度か見学に行き、また体験もさせて頂きました。指導して下さった方々は大変親切で、懇切丁寧に教えて下さいました。さて、正式に入会をしようと入会届を出したところ、左手首につけているサポーターについて問われました。

 私はかつて*1自傷癖があり、左腕は傷跡だらけです。はっきり言って非常に気持ち悪いです。普段は長袖を着ていますし、長袖を着られない場面では、アクセサリーをつけてカモフラージュしたり、リストバンドをつけて隠したりしています。合気道の道着は袖が短く手首が丸出しになってしまうため、100円ショップで売っているようなサポーターをつけて練習していました。そのサポーターについて問われたわけです。

 怪我などではないので安心してほしいと伝えたのですが、競技の性質上余計なものをつけていたら事故につながる、怪我でないなら外してほしい、ということでした。体験練習の際は問われなかったのですが、いざ正式入会となると、これは向こうも譲れない条件だったようです。

 そういうわけで、色々と面倒だし道場に来ている人たちを驚かせるのもかわいそうだなと思って、合気道を始めることは断念したのでした。残念。

 

 さて、何か新しいことを始めなければ。

 何を始めたらよいのでしょう……

*1:「かつて」と書きましたが、やめることができたのかどうかは正直わかりません。とりあえず半年ほどしていません。